フレンチチェア ルイ15世様式 ペア(2脚セット)

フランスのお屋敷のサロンやダイニングを飾っていたフレンチチェアのご紹介。
ルイ15世様式で作られた優雅なフォルムにロカイユやアカンサスの繊細な装飾が施され、うっとりとしてしてしまうデザインです。
フランスアンティークのチェアの王道のデザインは、どんなお部屋にも似合い、クラシックで優雅に時には、おしゃれに時にはレトロな雰囲気にしてくれるでしょう。
チェストなどのメインの家具の両サイドに飾ったり、サイドテーブル、センターテーブルと合わせれば、素敵なインテリアができあがります。

当時の家具職人や彫刻職人が手掛けた、美しいフレームは、ドレス姿の貴婦人が腰掛けるサロンルームでの使用を考えて作られたものです。
スプリングが入っており快適な座り心地です。
ちょっとした腰掛け椅子やドレッシングチェア、寝室やクロゼットルーム等を飾る装飾椅子として、部屋の雰囲気を創り上げてくれる、ルイ15世様式の美しいフレンチチェアです。

ピンク色のシルクの花柄生地がより優雅で可愛らしい雰囲気にしてくれています。

こちらのチェアの一脚は、緩んでおりますので、現状では座らず飾りとしてご使用ください。もう一脚は通常にご使用していただけます。
チェアのたてつけと、生地の張り替えは(生地は御支給)18,000円になります。

送料を抑えるため重ねて発送いたします。

高さ 92奥行き43 幅47 座面高47

送料は注文後メールにてお知らせ(またはお問い合わせください)

¥105,000

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~6日